FC2ブログ

SFスキャナー・ダークリー

英米のSFや怪奇幻想文学の紹介。

2021.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2021.07

2013.03.31 Sun » 『ライバー年代記』

【承前】
 海外に本を注文すると、まれに事故が起きる。じつは今回また郵便事故があった。注文から6週間たっても本が届かなかったのである。
 注文のとき、通常なら4週間以内に届くはずだが、諸般の事情で遅れることがあるので、6週間たっても届かなかったら連絡をくれと説明を受けた。その6週間が過ぎたのだ。業者に連絡をとり、面倒な交渉の末、返金に応じてもらった。
 こういうとき業者の対応は千差万別で、連絡しても梨のつぶての業者もいるから、今回はましな方だった。

 ともあれ、すぐべつの古書店に同じ本を注文したのだが、驚くべきことに今日とどいた。注文したのが4月28日だから1週間。日米の郵便組織には不信感を持っていたが、こんどばかりは感心した。郵便屋さん、どうもありがとう。
 というのも、連休のさなかに郵便配達の人がやってきて、郵便受けにはいらない巨大な荷物をとどけてくれたからだ。

 問題の本は、マーティン・H・グリーンバーグ編のフリッツ・ライバー傑作集 The Leiber Chronicles: Fifty Years of Fritz Leiber (Dark Harvest, 1990) である。大きい本であることは知っていたが、いま計ったら、縦26センチ、横18.5センチ、厚さ3.9センチもある。当然ながら梱包も巨大かつ厳重で、箱をあけるだけでひと苦労した。
 ともあれ、いちど手にはいりそこなった本なので、喜びもひとしおだ。

2008-5-6(Leiber Chronicles)

 内容のほうは文字どおりの傑作集で、1939年のデビュー作「森の中の宝石」から83年の“The Curse of the Small and the Stars”まで全部で44の中短篇が収録されている。最初と最後が《ファファード&グレイ・マウザー》シリーズというのが、いかにもライバーらしい。
 数が多いので題名はあげないが、このうち29篇は邦訳がある(追記参照)
 もっとも、ライバーの存命中に出た本なので、序文とかコメントがついているかと淡い期待をしていたのだが、そういうものはいっさいなし。しょせん、グリーンバーグの編集した本なのであった。

 この本をいままで買ってなかったのは、値段もさることながら、編者の名前からして付録のたぐいに期待が持てなかったから。収録作が傑作ぞろいなのは知っていたが、44篇中42篇はべつの短篇集で持っているから、食指は動かなかったのである。
 ところが、ライバー傑作集を編む話が持ちあがり、残る2篇に目を通したくなったのだ。ひとつは46年発表の“Alice and the Allergy”という短篇。もうひとつは82年発表の“Horrible Imaginings”というノヴェラである。

 前者は〈ウィアード・テールズ〉初出の古いホラー、後者はノヴェラということで、当方の傑作集に入れる可能性はほぼゼロだが、それでも目を通しておかないと、なんとなく落ち着かない。因果な性分である。

 さっそく前者を読んでみたところ、レイプの被害にあった女性とアレルギーを結びつけたショッカー。発表当時はさぞかし衝撃的だったのだろうが、いまとなっては水準作。後者は165枚あることだけ確認した。これだと、いくら傑作でも、紙幅の関係で当方の編む傑作集には入れられない。
 ともあれ、気分がすっきりしたので、心おきなく傑作集を編めそうだ。(2008年5月6日)

【追記】
 この時点で未訳だった「『ハムレット』の四人の亡霊」と「春の祝祭」は、ライバー傑作集『跳躍者の時空』(河出書房新社、2010)に収録できた。
 後者は大先輩、深町眞理子氏に翻訳を打診したところ、当方が用意した原文テキストを読まれたうえで応じてくださった。「大仰でいかめしい文体が面白い」との仰せであった。
 この作品はライバーが60代なかばに書いた作品なので、それより若い翻訳者が訳すと、どうしても原文より若い感じになってしまう。深町氏の円熟の訳文が得られたのは、最大級の喜びだった。



スポンサーサイト



2013.03.30 Sat » 『フリッツ・ライバー――書誌1934-1979』

【承前】
 フリッツ・ライバーの書誌、古いほうがクリス・モーガン編 Fritz Leiber: A Bibliography 1934-1979 (Morganstern, 1979) だ。本文36ページ、ホッチキス製本のペラペラのパンフレットだが、表紙に厚い紙を使っているのと、書影のページが2ページあるのとで、こちらは出版物という感じがする。といっても、ISBNのない私家版なのだが。
 ちなみに昨日紹介した書誌も、こちらの書誌もイギリスで出たものである。

2008-3-18(Fritz)

 じつは今回ライバーの作品を集中的に読んでいたとき、参照するのはたいていこちらの書誌だった。使い慣れているせいもあるが、新しい書誌がアルファベット順なのに対して、こちらは発表年代順の配列なので、作家の軌跡を見るさいに都合がいいのだ。

 そのうちライバーの著作リストを作らなければならない。書誌を手に入れておいてよかった。(2008年3月18日)

2013.03.29 Fri » 『フリッツ・ライバー――せせら笑う剣士』

【承前】
 フリッツ・ライバーの書誌は二種類持っているが、新しいほうがフィル・スティ-ヴンセン=ペイン&ゴードン・ベンスン・ジュニア編 Fritz Leiber Sardonic Swordsman: 2nd Revised Edition (Galactic Central, 1990) だ。
 前に紹介したことのある〈熱心な読者向けの書誌〉シリーズ第22巻。ワープロのプリントアウトをホッチキスで留めただけの簡単な造りで、小説篇とノンフィクション篇の2分冊になっている。たぶん1冊にすると、ホッチキスで留められないからだろう。上下とも本文45ページのパンフレットである。ちなみに1987年に出たものの改訂版。表紙のデザインは数字と文字が一箇所ずつちがう以外は上下とも同じなので、書影は上だけ載せておく。

2008-3-17(Fritz)

 内容のほうはマニアの鑑というべきか。英米圏にかぎるが、知り得た情報をすべて載せている。つまり、ライバー自身の作品はもちろんのこと、ライバーに関する記事は有力ファンジンに載ったものまで網羅しているのだ。
 
 書誌を眺めていて気づいたのだが、ライバーが〈ファンタスティック〉に書評を書いていたとき、F・ランスロップの筆名で《ファファード&グレイ・マウザー》シリーズの最初の3冊をとりあげたらしい。ジェイムズ・ブリッシュがウィリアム・アセリング・ジュニア名義で自作をしらばっくれて書評した話は有名だが、ライバーも同じことをしていたわけだ。自作をどう評しているのか気になるなあ。(2008年3月17日)

2013.03.28 Thu » 『英雄と恐怖』

【承前】
 注文していたライバーの本が、まず1冊アメリカから届いた。注文から10日めである。
 昨年の秋ごろ、向こうの郵便法が変わって、古書店に注文した本がすべてエアメールの速達で届くようになった。速いのはいいのだが、送料がバカ高くて弱る。こんどの場合、本が1ドル、送料が11ドル50セント。梱包の紙やエアクッションを買っているような気がしてくる。

 愚痴はこれくらいにして、本の紹介をしておこう。
 今回買ったのは Heroes And Horrors (Whispers Press, 1978) のペーパーバック版 (Pocket, 1980) だ。

2008-3-15(Heroes)

 親本の版元は〈ウィスパーズ〉というホラー系のセミプロジンを出していたスモール・プレスで、主宰者はスチュアート・デイヴィッド・シフ。この人の編んだ『マッド・サイエンティスト』というアンソロジーが、創元SF文庫から出ているので、ご存じの向きも多いだろう。
 シフはライバーと懇意だったらしく、〈ウィスパーズ〉に寄稿してもらうだけでなく、アンソロジーを共編したこともある(追記1参照)。本書もこの人が編者で、《ファファード&グレイ・マウザー》シリーズの新作を書き下ろしてもらうことに成功している。
 収録作はつぎのとおり――

①Sea Magic  《ファファード&グレイ・マウザー》
②The Mer Sea  《ファファード&グレイ・マウザー》書き下ろし
③闇の世界
④ベルゼン急行
⑤鏡の世界の午前0時
⑥Richmond, Late September, 1849
⑦モーフィー時計の午前零時
⑧The Terror from Depths
⑨Dark Wings

 シフの緒言とジョン・ジェイクスによる序文つき。ちなみに冒頭の2篇が Heroes のセクション、残りの7篇が And Horrors のセクションに分けられている。

 さて、未読だったのは⑥と⑨の2篇。早速読んでみた。

 ⑥は、題名でピンとくる人もいるだろうが、ポオの死にまつわる作品。ポオが謎の死をとげる直前、シャルル・ボードレールの双子の妹と名乗る女と出会っていたという話。女の正体が最後に暗示され、慄然とさせられる。自身アル中だったライバーは、アル中だったポオに自分を重ねていたようだ。ポオに関する蘊蓄満載の技巧的な作品である(追記2参照)。

 ⑨は一種のエロティック・ホラー。生き別れていた双子の姉妹が、たがいの身の上を語るという形式で、セクシュアルで幻怪なエピソードがつづられる。アニマとアニムスという言葉が出てくることからわかるとおり、ユング心理学の影響下にある作品である。これはなかなかの佳作だった。

 ついでにべつのアンソロジーで読んだ⑧についても触れておくと、1930年代に書かれた手記を公開するという体裁の《クトゥルー神話》。師匠H・P・ラヴクラフトへのオマージュであり、ラヴクラフト自身を思わせる人物も登場する。楽しく読めるが、それ以上でもそれ以下でもない。

 というわけで、⑨を候補に残しておく。(2008年3月15日)

【追記1】
 このアンソロジーについては、2012年9月24日の記事でとりあげた。

【追記2】
 この作品は「一八四九年、九月末、リッチモンド」の題名で〈ハヤカワ・ミステリマガジン〉2008年8月号に訳出した。当方の企画で「作家の受難」という幻想怪奇特集を組んだ号である。
 ついでに書いておくと、上記“Dark Wings”は、けっきょく収録を見送った。

2013.03.27 Wed » 『精神の魔女たち』

【承前】
 フリッツ・ライバー傑作集のために作品選びをするにあたって、ずっと頭にあったのが、ブルース・バイフィールドの評論 Witches of the Mind : A Critical Study of Fritz Leiber (Necronomicon Press, 1991) だった。ホッチキス製本で全76ページのパンフレットだが、内容はとてもいい。

2008-3-14(Witches)

 著者はライバーの活動を四期に分ける。すなわち――

ラヴクラフト期(1936-1949)
グレイヴス期(1949-1958)
ユング前期(1958-1974)
ユング後期(1975-present)

 の四つである。
 簡単に図式化すると、「ラヴククラフト期」はH・P・ラヴクラフトの影響のもとに怪奇小説の革新をめざしていた時代、「グレイヴス期」は、ロバート・グレイヴスの影響のもとに社会諷刺SFを書いていた時代、「ユング前期」は、ユング心理学、とりわけアニマの概念の影響のもとにSFと幻想怪奇小説の融合をめざした時代、「ユング後期」は、ユング派の神話学者ジョゼフ・キャンベルの影響のもとに、その試みを深化させた時代といえるだろう。

 おなじようなことを漠然と感じていただけに、これほど明快に語られているのを見て、すっかり得心してしまった。
 今回わりあい早い段階で初期の怪奇小説や50年代の社会諷刺SFを選択肢からはずしたのは、この本にあと押ししてもらったからだといえる。

 当方はライバーの偽自伝、つまり虚実ないまぜにして身辺雑記のように超自然の出来事を語る作品を偏愛しているのだが、それはバイフィールドのいう「ユング前期」と「ユング後期」に属している。そして58年発表の「跳躍者の時空」は、その転換点となった作品なのである。(2008年3月14日)

2013.03.26 Tue » 『黒いゴンドラ船頭』

【承前】
 フリッツ・ライバーの短篇は本国でも入手しにくくなっており、ジョン・ペランとスティーヴ・サヴィルという人が中心になって、短篇集を編み直している。その第一弾が The Black Gondolier (Midnight House, 2001) だが、460部限定の豪華本であり、当方は03年に[e-reads]という版元から出た普及版トレードペーパーを買った。

2008-3-10(Black)

 ちなみに、ミッドナイト・ハウス版短篇集は、現在第三弾まで出ている。さらに余談だが、ジョン・ペランという人は、最近ホラー系のアンソロジストとして活躍している人で、その動向に注目しているところだ。

 さて、本書だが、ホラー寄りの作品18篇をペランの序文とサヴィルのあとがきで挟んでいる。これまで著者の単行本に未収録だった珍しい作品が何篇かふくまれているのが売りだろう。
 邦訳があるのは「レントゲン写真」、「蜘蛛屋敷」、「人知れぬ歌」、「電気と仲よくした男」、「死んでいる男」、「現代の呪術師」の6篇。

 いっぽう未訳の作品だが、表題作を筆頭に既出の作品が4篇ある。残った8篇のなかでいちばん面白かったのが“Mr. Adam's Garden of Evil”という短篇。共感呪術で特定の人間そっくりになる植物を栽培し、それをいたぶって楽しんでいる男が逆襲される話で、トワイライト・ゾーンの一話みたいなブラック・ユーモアである。
 まあ、落ち穂拾いの感は否めず、当方の編む傑作集に採りたい作品はなかった。

 また余談だが、本書にも大きなミスがある。目次に“The Lone Wolf”とある作品の本文ページを見ると、“The Creature from Cleveland Depths”というタイトルになっているのだ。こういうことになった理由は、何日か前の日記を読んでもらえばわかると思う。なんにせよ、普及版が出るとき直せなかったものか。

 さて、手持ちのライバー短篇集はこれで種切れ。とはいえ、前に紹介した Gummitch and Friends や、いろんなアンソロジーに散らばっている作品からも選んだので、当方の編む傑作集のラインナップを完全に明かしたわけではない。
 じつをいうと、本が厚くなりすぎるので、1篇落とせといわれているのだ。それでもうちょっと考えることにした。
 というわけで、持ってなかった本をいまアメリカから取り寄せているところ。本が届いたら、また紹介しよう。それとも、いいかげんウンザリでしょうか。(2008年3月10日)

2013.03.25 Mon » 『夜の怪物たち』

【承前】
 Night Monsters (Gollancz, 1974) はイギリスで出たホラー寄りの短篇集。もっとも、当方が持っているのは、例によって75年にパンサーから出たペーパーバック版だが。

2008-3-9(Night)

 69年にアメリカで同名の短篇集がエース・ダブルの片面として出ているが、それとは別ものと考えたほうがいい(アメリカ版は4篇収録で、そのうち3篇が本書と共通。イギリス版をたんなる増補版と見るか、べつの本と見るかは書誌によって判断が分かれている)。

 内容はつぎのとおり。アステリスクの付いているのが、アメリカ版と共通する作品だ――

The Black Gondolier *
鏡の世界の午前0時 *
ジェフを探して *
The Creature from Cleveland Depths
歴戦の勇士 《改変戦争》
飢えた目の女
闇の世界

 ライバー入門ホラー篇としては、まずまずの短篇集だ。
 はじめて出てきた“The Black Gondlier”の説明をしておくと、邦訳のある「電気と仲よくした男」の電気を石油に変えたような作品。つまり、石油は意思を持つ生きもので、人知れず人間に害をなしているという妄想にとり憑かれた男の話だ。もちろん、それが妄想なのか現実なのか判然としないようになっている。
 舞台はロサンジェルスに実在するヴェニスという街。イタリアのヴェネチアを模して造られた運河の街で、観光客をあてこんでいたが、いまやすっかりさびれた場所である(ブラッドベリもよくこの街をとりあげる)。男はこの街に住んでいて、謎めいた黒いゴンドラ船頭を夢に見るのである。
 ライバーとしては水準作。「闇の世界」、「歴戦の勇士」、「鏡の世界の午前0時」についてはすでに見送った理由を書いた。そういうわけで、本書から当 方の編む傑作集に採る作品はなかった。(2008年3月9日)

【追記】
 アステリスクで思いだしたが、《改変戦争》シリーズでは、時空の覇権を争っている二大勢力の片割れ、スパイダーの象徴がアステリスクであり、構成員は「*」の紋章を額に刻んでいることがある。なるほど、蜘蛛に見える。以上、まったくの余談。


2013.03.24 Sun » 『狼の夜』

【承前】
 つぎもバランタインの本だが、The Night of Wolf (Ballantine, 1966) はSFシリーズから出た。

2008-3-2 (wolf)

 じつは白石朗さんにいただいたもの。前にも書いたが、王侯貴族のゴミは貧乏人の宝なのである。
 
 この本は一種の連作集。つまり、テーマ的に関連のある作品を改題したうえで並べ、つなぎの文章を追加して統一感を出しているのだ。もっとも、それが成功しているかどうかは疑問だが。

 内容はつぎのとおり(末尾の数字は推定枚数)――

The Lone Wolf  (The Creature from Cleveland Depths 改題) 120
The Wolf Pair  (The Knight of the Long Knives 改題) 215
Crazy Wolf  (「正気と狂気」改題) 40
The Wolf Pack  (Let Freedom Ring 改題) 180

 ご覧のとおりノヴェラが2篇、ほかの短篇集で読んだ作品が2篇という構成なので、この本は読み返さなかった。いずれも古いタイプの社会諷刺SFで、当方がライバーに求めているものとはちがうからでもある。
 まあ、こういう本もあるということだけ書いておく。(2008年3月8日)


2013.03.23 Sat » 『眼のある影』

【承前】
 つぎもバランタイン・ホラー・シリーズの1冊で Shadows with Eyes (Ballantine, 1962) だ。

2008-3-7(Shadows)

 この短篇集は目次がない。中扉があり、日本の奥付にあたるページがあり、いきなり本文がはじまっている。128ページで終わっているので、一台ふやすのを避けたのだろうが、やっぱり不便。活字も小さいし、作品が終わると、つぎの作品が追いこみではじまる。要するに余白がほとんどないのだ。むかしの本はほんとうに紙をケチっていたのだよなあ。

 造りは安っぽいが、内容は悪くない――

闇の世界
死んでいる男
指人形の魔力
現代の呪術師
電気と仲よくした男
A Deskful of Girls

 集中「闇の世界」はライバーの怪奇小説のなかで五指にはいる佳作。ライバーがユング心理学に傾倒しはじめた時期の作品で、作者の考えがわりに生の形で出ている。つまり、小説の形で自己の創作原理を表明したものといえる。
 全篇にみなぎる緊迫感がすばらしいので当方の編む傑作集にも入れるつもりだったが、90枚という長さと既訳がある点がネックになって、けっきょく断念した。(2008年3月7日)

2013.03.22 Fri » 『夜の暗闇の手先どもからの物語』

【承前】
 なんだか変なタイトルだが、Tales from Nights Black Agents (Ballantine, 1961) を直訳すると上のようになる。SFではなく、ホラー・シリーズの1冊として出た本だ。

2008-3-6(Night's)

 ライバー最初の著書は、1947年にアーカム・ハウスから出た作品集 Night's Black Agents だが、本書はそこから《ファファード&グレイ・マウザー》シリーズに属すショート・ノヴェル「魔道士の仕掛け」を抜いてペーパーバック化したもの。ちなみに、親本に収録の「魔道士の仕掛け」は、『霧の中の二剣士』(創元推理文庫)収録の改稿版とはすこしちがうので、厳密にいえば未訳である。

 じつをいうと、この本の題名がよくわからない。表紙には「Nights Black Agents」、背には「Night's Black Agents」、中扉には「Tales from Nights Black Agents」と書いてあるのだ。いったいどれが正しいのか。
 あちらの書誌を見ると、アーカム・ハウス版と区別するために、中扉に記された題名を採るのが慣例のようだが、そうすると重大なミスが見つかる。というのも、題名の由来はシェイクスピアの『マクベス』に出てくる「night's black agents」なので、所有格を示すアポストロフィが落ちていることになるのだ。

 重要なミスはこれだけではない。表紙、背、中扉すべてで著者名がライバー(Leiber)ではなくリーバー(Lieber)と誤植されているのだ。ライバーは悲しかっただろうなあ。

2008-3-6(Night's 2)

 さて、肝心の内容だが、目次が面白いので、書き写す――

現代の恐怖(MODERN HORRORS)
 煙のお化け
 The Automatic Pistol
 The Inheritance  *The Phantom Slayer 改題
 The Hill and the Hole
 The Dreams of Albert Moreland  *書き下ろし
 魔犬
 Diary in the Snow  *書き下ろし
過渡期(TRANSITION)
 若くならない男
古代冒険譚(ANCIENT ADVENTURES)
 沈める国  《ファファード&グレイ・マウザー》

 アーカム・ハウス版では巻末に「魔道士の仕掛け」が置かれていたわけだ(ここでも「ADVENTURES」と複数形のままになっている。ほんとうに杜撰だなあ)。

 ご覧のとおり、本書のメインは「現代の恐怖」のセクション。「都市文明や機械文明は新しいタイプの恐怖を生みだす。ホラー作家はそれに見合った新しいシンボルを発明しなければならない」というライバーの主張の実践だが、60年前の「現代の恐怖」は、もはや古典的な恐怖であり、したがってこれらは古風な怪奇小説にしか見えない。とりわけ、師匠H・P・ラヴクラフトの影響が強いものほど古びた感がある。ひとことでいって習作である。
 たとえば“The Inheritance”という短篇。どうせ邦訳は出ないだろうからネタをばらすが、実直な警官がじつは連続殺人鬼だったというサイコ・ホラーの先駆的作品だ。発表当時はずいぶんとショッキングだったのだろうが、いまでは目立ったところのない作品になってしまった。
 
 その点、時間を超越した場所を舞台にした残りの二篇は秀作。だが、この手の作品は当方の編む傑作集には採らないことにしたので、残念ながら収録は見送った。(2008年3月6日)