fc2ブログ

SFスキャナー・ダークリー

英米のSFや怪奇幻想文学の紹介。

2012.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2012.07

2012.06.15 Fri » 『ブラッドベリとの会話』

【前書き】
 ひとつ誤解を解いておきたい。レイ・ブラッドベリの本名は、レイ・ダグラス・ブラッドベリである。レイモンド・ダグラス・ブラッドベリではない。戸籍上の名前も「レイ」である。
 もともと両親は、父方のいとこにちなんで彼を「Rae」と名づけるつもりだった。しかし、この名前は女性的すぎるので、大きくなったら、からかわれるようになると周囲に反対され、綴りを「Ray」に変えたのだった。

 一部に誤解が広まっているが、くれぐれもお間違いなきように。


 スティーヴン・L・アゲリス編 Conversations with Ray Bradbury (University Press of Mississippi, 2004) は、大学の先生が編んだブラッドベリのインタビュー集大成。

2005-5-3(Conversations with Ray Bradbury)

「集会」の成功でようやく名前が知られはじめた1948年の初インタビューから2002年の編者によるインタビューまで全21篇がおさめられている。詳細な年譜つき。この辺がいかにも学者の本。

 うち邦訳があるのは1964年の〈ショウ〉誌に載った「ブラッドベリ・インタビュウ」と1973年の〈テイク・ワン〉誌に載った「ヒッチコックとヒューストンとスクリーンの魔術師たちが私を育てた」の二篇(追記参照)。ただし、後者は雑誌に載った縮約版ではなく、未発表のロング・ヴァージョンが採られている(おかげで、かなり読み応えがある)。

 小説と映画の話が半々なのは、いかにもブラッドベリらしい。1970年代からいうことはまったく変わっていなくて、最近では頑固おやじぶりにますます磨きがかかっている。
「電話があるのに、なんでeメールが必要なんだね。いつ返事が来るのかわからないなんて、不便じゃないか」といった具合。やはり、1970年代から時間が止まっているようだ。ひょっとすると、それが長生きの秘訣かもしれない。

 それにしても、ブラッドベリという人は、われわれが考えているよりはるかに名士らしい。それがよくわかる本である。(2005年5月3日)

【追記】
〈SFマガジン〉2006年1月号がブラッドベリ特集を組んだとき、本書から2001年に発表されたインタヴューを「レイ・ブラッドベリ・インタビュウ」(聞き手、ジョシュア・クライン)として訳出した。

 
スポンサーサイト