fc2ブログ

SFスキャナー・ダークリー

英米のSFや怪奇幻想文学の紹介。

2024.02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2024.04

2012.06.19 Tue » 『ブラッドベリ 絵で見る半生』

 ジェリー・ワイスト著 Bradbury An Illustrated Life (Morrow, 2002) は、ブラッドベリの長年の友人が、作家の全面協力を得てブラッドベリの半生を図版資料でたどったもの。

2005-4-30(Illustrated Life)

 どのページを見ても貴重な図版ばかりで、まさに眼福。ファンなら必携の本なのである。
 
 とにかく、ブラッドベリが記事を書いて、ハネス・ボクがイラストを描いた謄写版のファンジンだとか、50年代のスリック・マガジンを飾った小説のカラー・イラストだとか、ブラッドベリ劇団の舞台写真だとか、ブラッドベリ自身のスケッチだとか、珍しい図版ばかり。

 せっかくなので、スキャンして一例をお目にかけよう。

2011-9-12(3)

 ブラッドベリ自身の手になる自著の表紙絵スケッチで、『何かが道をやってくる』と『黄泉からの旅人』である。これらのスケッチは画家にわたされ、じっさいの表紙絵に活かされることになる。

 もちろん、本文も充実していて、50年代ECコミックスとのかかわりを追求した章などは、資料価値が絶大。

 これはほんとうにいい本なので、ぜひとも邦訳を出したいのだが、いまのところ出版社から色好い返事はもらっていない。(2005年4月30日)

スポンサーサイト