fc2ブログ

SFスキャナー・ダークリー

英米のSFや怪奇幻想文学の紹介。

2024.02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2024.04

2012.12.26 Wed » 『虎よ、虎よ!』

【承前】
 今回はアルフレッド・ベスターの名作『虎よ、虎よ!』をとりあげよう。当方のもっとも愛するSF長篇のひとつである。

 Tiger! Tiger! という題名がウィリアム・ブレイクの詩に由来するのは有名だが、じつはこれ、先に出た英国版の題名で、米国版は The Stars My Destination という。作者がつけた題名は前者だったが、この作品を連載したSF誌〈ギャラクシー〉の編集長ホレス・L・ゴールドが、作中の戯れ歌からとった派手な題名に変えてしまったのだ。したがって、アメリカではいまだに後者の題名が流布している。
 ちなみに最初の邦訳は『わが赴くは星の群』(講談社、1958)という題名で出たので、わが国でも二種類の題が存在することになる。
 ところでこの作品の初出は1956年なので、講談社版はほぼリアル・タイムの邦訳だったわけだ。いろいろな意味ですごい。

 画像は蔵書自慢。
その1 英国ペンギン版3刷(1979)の表紙。ペンギン版は結末近くの文章が一部省略されているのでお勧めしないが、最初に手に入れた『虎よ、虎よ!』の原書なので愛着がある。学生時代、八王子の古本屋になぜか転がっていたのを見つけたのである。

2010-1-8 (tiger 3)

その2 〈ギャラクシー〉1957年1月号、連載最終回の扉絵。画家はエムシュ。

2010-1-8 (tiger 1)

その3 同号より2枚めのイラスト。ガリー・フォイルの顔に刺青が浮きだして虎になっている。

2010-1-8 (tiger 2)

 あと2枚イラストがはいっているが、うまくスキャンできないので割愛。

蛇足
 この本の題名を『虎よ! 虎よ!』と書いている例をよく見かけるが、誤記なのでご注意あれ。「!」マークはひとつが正しい。
 さらにブレイクの詩では Tyger! Tyger! と古形で綴られている。誤解なきよう。(2010年1月8日)

スポンサーサイト