FC2ブログ

SFスキャナー・ダークリー

英米のSFや怪奇幻想文学の紹介。

2018.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2019.01

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06.11 Tue » 『地獄の地図作成者たち』

 《SF作家の自伝》シリーズ第4弾。ブライアン・W・オールディス&ハリー・ハリスン編 Hell's Cartographers (Harper & Row, 1975) である。これまでの3冊とはちがって、6人の自伝を集めたアンソロジーだ。

2009-9-25(Hell's)

 おかしな表題だが、これはキングズリー・エイミスのSF評論『地獄の新地図』(1960)を承けたもの。エイミスはSFの諷刺的側面を重視しており、SFをこう呼んだ。それなら、おれたちは地獄の地図作成者だ、というわけである。

 収録作家の顔ぶれと生年(と没年)を書いておこう(追記参照)。

ロバート・シルヴァーバーグ (1935-)
アルフレッド・ベスター (1913-1987)
ハリー・ハリスン (1925-)
デーモン・ナイト (1922-2002)
フレデリック・ポール (1919-)
ブライアン・オールディス (1925-)

 シルヴァーバーグがひとり飛びぬけて若く、40歳のときの自伝ということになるが、すでに巨匠だったし、内容も抜群に面白いのは特筆に値するだろう。

 さて、内容だが、この本を基に各作家の経歴が紹介されている。手っ取り早く中身を知りたい人は、以下を参照してもらいたい。

 シルヴァーバーグ 『いまひとたびの生』(ハヤカワ文庫SF)の浅倉久志による解説。『時間線を遡って』(創元SF文庫)の中村融による解説。
 ベスター 『虎よ、虎よ!』(ハヤカワ文庫SF)の浅倉久志による解説。『願い星、叶い星』(河出書房新社)の中村融による編者あとがき。
 ナイト 『ディオ』(青心社)の大野万紀による解説。
 ポール 『ゲイトウエイ』(ハヤカワ文庫SF)の中村融による解説。
 オールディス 『手で育てられた少年』(サンリオSF文庫)の山田和子による解説。

 ハリスンについてもあるのだろうが、思いつかない。(2009年9月25日)

【追記】
 その後、ハリスンが2012年に亡くなった。合掌。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。