FC2ブログ

SFスキャナー・ダークリー

英米のSFや怪奇幻想文学の紹介。

2018.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2019.01

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.14 Tue » 〈宝石〉のSF特集その2

 昨日のつづき。
 前回目次を示したように、〈宝石〉1955年2月号のSF特集は、創作3篇、翻訳5篇、エッセイ3篇から構成されている。翻訳作品について、原題や初出等のデータを調べたことがあるので、それを記しておく。

全能の島 ネルソン・ボンド 桂英二訳(40枚)
 Conqueror's Isle  Blue Book,1946,6
ランソン防御幕 アーサー・L・ザガート 平井イサク訳(40枚)
 The Lanson Screen  Thrilling Wonder Stories,1936,12
ロビイ アイザック・アシモフ 多村雄二訳(40枚)*目次には名村雄二訳と誤植
 Robie (Strange Playfellow)  Super Science Fiction,1940,9
冥王星への道 平井喬訳(25枚)
 En Route to Pluto  Astounding Stories, 1936,8
タイム・マシン H・G・ウェルズ 宇野利泰訳(170枚)
 Time Machine  New Review, 1895,1~5

 ちなみに、多村雄二は宇野利泰の筆名だと思われる。確証があるわけではないが、状況証拠から見てほぼまちがいない。推測の根拠を示したいところだが、長くなるので割愛。

 さて、このラインナップをいま見ると奇異の念に打たれる。一応、ミュータント、未来戦争、ロボット、宇宙/異星人、時間とヴァラエティに富んだ内容にはなっているのだが、ウェルズの古典を別格とすると、マイナーな作品ばかり並んでいるのだ。別項で矢野徹が、キャンベル・ジュニア、スタージョン、ブッラドベリ、ハインライン、シェクリイなどの作品を喧伝しているので、そのギャップにとまどう。

 出来のほうもイマイチで、アシモフの「ロビイ」をのぞけば、ここに訳載されたきり、いまでは忘れられた作品ばかりだ。

 理由として考えられるのは、まず版権を取得せずにすませようとしたこと。1950年代に発表された作品は、この時点ではバリバリの新作だったのである(じっさい、室町書房はちゃんと版権をとっている)。

 つぎに考えられるのは、入手できる原書がかぎられていたこと。憶測だが、ザガートとウェストの作品は、グロフ・コンクリン編の Best of Science Fiction (Crown, 1946) というアンソロジーから採ったと思われる。
 アシモフの作品は、解題に「グロフ・コンクリン編纂のロボット小説傑作集の序文によれば」という記載があるので、やはり同編のアンソロジー Science Fiction Thinking Machines (Vanguard, 1954 か Bantam, 1955)から採ったのではないか。
 残るボンドの作品だが、これも初出誌や著者の短編集ではなく、オーガスト・ダーレスかフレッチャー・プラットかジョゼフ・ギャラントの編んだアンソロジーのどれかから採ったのではないだろうか。

 だが、そうすると、それらのアンソロジーには、もっといい作品があったはずなので、選んだ人の鑑識眼を疑いたくなる。はたして真相やいかに。(2008年11月30日)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。