FC2ブログ

SFスキャナー・ダークリー

英米のSFや怪奇幻想文学の紹介。

2018.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2019.01

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.16 Tue » 『天使たちの戦い』

【承前】
 《第二エーテル》シリーズは Blood: A Southern Fantasy (1995), Fablous Harbors (1995), The War amongst the Angels (1996) の三作から成っている。つまらない本の話を長々とする気はないので、ここではもっとも重要な The War amongst the Angels だけとりあげる。初版は英国ミレニアム社のハードカヴァーだが、当方が持っているのは翌年米国のエイヴォンから出たハードカヴァーである。

2007-6-95 (War)

 本書の末尾にはこう記されている――

the end of an autobiographical story by Michael Moorcock

 だが、本書はふつうの意味での「自伝的小説」とはほど遠い。なにしろ主人公は、1820年代のロンドンに生まれたマーガレット・ローズという女性。英国貴族ムアコック卿とジプシーの母のあいだに生まれた彼女は、ドイツのフォン・ベック家に嫁ぎ、まもなく離婚したが、以後もローズ・フォン・ベックと名乗りつづける(ちなみに、彼女には小説を書いているマイクルという頭のおかしい叔父がいる)。
 この女性がひょんことから鉄道を襲う盗賊団に身を投じ、さらには多元宇宙を股にかけた〈法〉と〈混沌〉の戦いに巻きこまれ、〈法〉の圧制を挫こうとする、というのが骨子。

 シリーズの題名になっている「第二エーテル」というのは、宇宙の〈単一〉化を押し進める〈法〉の圧制を嫌った者たちが創った「第二の宇宙」のこと。これを創った者たちは、〈混沌の技術者たち〉と呼ばれている。
 いっぽうローズは、多元宇宙を自由に行き来する能力を持つフガドル(遊戯者)という人種に属している。

 ローズにはサム・オークンハーストという恋人がいるが、彼の率いる盗賊団の冒険を描いたのがシリーズ第一作 Blood 。彼らの活躍は、べつの多元宇宙では娯楽読み物として刊行されており、すでに千四百章を軽く超している。同書はメタフィクションの形式でこの両者を記述しており、この趣向は第三作にも一部引き継がれている。

 さて、本書ではローズの波乱に満ちた半生が語られるわけだが、その形式が凝っている。メインはローズ本人の一人称だが、すでに記した通り、ローズやサムの冒険を描いた娯楽読み物の断片が混じったり、ほかの人物の一人称や三人称の記述が混じるのだ。
 野心的であることは認めるが、効果をあげているとは思えず、むしろ混乱を助長するばかり。とりわけ、一人称が入り交じると、なにがなんだか分からなくなる。意図的に混乱させようとしているとも思えないので、性格の書き分けができてないからだろう。

 もうひとつ感心しないのは、悪い意味でフェミニズム色が強いこと。版権表示を見ると、このシリーズは夫人リンダとの共作になっている。ということは、本書の内容の多くはフェミストである夫人に多くを負っているのだろう。ムアコック自身がその思想を消化しきっていないため、底が浅くなっていると思われる。

 要するに、本書はムアコック自身の精神遍歴の小説化である。だが、みずからの内面を分析し、図式化しすぎたため、小説としては薄っぺらいものになってしまった。これが当方の感想である。(2007年6月9日)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。