fc2ブログ

SFスキャナー・ダークリー

英米のSFや怪奇幻想文学の紹介。

2024.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 » 2024.03

2012.10.10 Wed » 『ティム・パワーズのチェックリスト』

【承前】
 ティム・パワーズの書誌といえば、クリストファー・P・スティーヴンズ&トム・ジョイス編の A Checklist of Tim Powers (Ultramarine, 1991) というのを持っていた。

2011-7-26(Powers)

 表紙から裏表紙まで全20ページ、本文は7ページしかないペラペラの小冊子である。ISBNもついていないファン出版物で、版権表示のマルシーの丸は手書きといえば、どんなものかわかってもらえるだろう。

 もっとも、パワーズは寡作なので、書誌としてはこれで充分だったのだ。この時点では単行本が11作、短編が未発表作をふくめて3作リストアップされているだけである。
 
 訳書『幻影の航海』(ハヤカワ文庫FT、1991→改題新装版『生命の泉』ハヤカワ文庫FT、2011)の訳者あとがきにパワーズの著作リストを付したのだが、刊行直後にこのリストを入手して歯噛みしたのをいま思いだした。(2011年7月26日)

スポンサーサイト