fc2ブログ

SFスキャナー・ダークリー

英米のSFや怪奇幻想文学の紹介。

2024.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 » 2024.03

2013.01.14 Mon » 『チャールズ・ボーモントの作品』

【前書き】
 書誌つながりで以下の記事を公開する。2006年6月17日に書いたものである。誤解なきように。


 七月に新装版が出るボーモント『夜の旅その他の旅』(早川書房・異色作家短篇集)の解説を書いた。
 例によって資料を集めすぎ、書くことがありすぎて削りに削るはめに。けっきょく、書きたいことの半分も書けず、経歴を書いただけで終わってしまった。日本でいちばんくわしいボーモント伝にはなったが、同書の内容にはいっさい触れていない。これはちょっとまずいよなー。反省。

 久しぶりに同書を読みなおしたが、思っていた以上に優れた作品集だった。前から好きな作家だったが、完全に惚れなおした。未訳の短篇集も、大部の傑作集もあるので、この人の短篇集を出すことを真剣に考えよう(追記参照)。

 さて、資料が無駄になったので、悔しいからここに紹介する。
 まずはウィリアム・F・ノーラン編の The Work of Charles Beaumont (The Borgo Press, 1986) だ。ちなみに、当方が持っているのは88年に出た2刷。すごい、こんなものが増刷している!

2006-6-17(Works of)

 これはボーモントの畏友ノーランが編んだ詳細な書誌。小説やエッセイはもちろんのこと、TVの脚本、漫画原作、果ては未発表作品まで網羅した優れものである。
 といっても、本文48ページしかないペラペラの小冊子。なにしろ、ボーモントは早世して、活動時期は実質13年にすぎないので、これで間に合うのである。(2006年6月17日)

【追記】
 考えているうちに、第一短篇集 The Hunger and Other Stories (1957) の邦訳が出てしまった。論創社《ダーク・ファンタジー・コレクション》の1冊『残酷な童話』(2007)がそれであり、正確には1篇がわが国で独自に追加されている。


スポンサーサイト