FC2ブログ

SFスキャナー・ダークリー

英米のSFや怪奇幻想文学の紹介。

2018.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2019.01

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06.25 Tue » 訃報――マーティン・H・グリーンバーグ

【前書き】
 本日は世界一の生産量を誇ったアンソロジスト、マーティン・H・グリーンバーグの三回忌である。故人を偲んで、以下の記事を公開する。


 アメリカのアンソロジスト、マーティン・H・グリーンバーグが25日に亡くなったそうだ。享年70。癌との長い闘いの末とのこと。

http://www.locusmag.com/News/2011/06/martin-greenberg/

 周知のとおり、いろいろなパートナーと組んでアンソロジーを量産した人。アシモフやシルヴァーバーグと組んだ本が有名で、邦訳もたくさん出ている。選ぶ作品は玉石混淆で、むしろ石が多い。したがって高い評価はできないが、珍しい作品を発掘してくれるので、当方としてはありがたかった。拙編のアンソロジーにもグリーンバーグのアンソロジーから採った作品がたくさんはいっている。その意味でたいへん世話になったので、故人には感謝するばかりだ。

 じつはグリーンバーグの創作をひとつだけ読んだことがある。アイザック・アシモフ、マーティン・H・グリーンバーグ&チャールズ・G・ウォー編の Spells (Signet, 1985) というアンソロジーに書き下ろされた“A Literary Death”という邦訳して7枚ほどのショートショートである。表題は非常に訳しづらいが、「文芸に関連した死」くらいの意味である。

 グリーンバーグがアシモフに書いた手紙という形式をとっており、ある新人作家が編集者を裏切ったために呪いをかけられ、変死をとげた顛末が語られる。その呪いは「おまえは11月20日午後2時に文芸に関連した死をとげる」というもの。その日時が迫るにつれノイローゼになった新人作家は、出版業の総本山であるニューヨークから車で脱出しようとする。 その途次、書籍を運ぶトラックに衝突し、本人は首の骨を折って即死。車は本になかば埋まってしまう。車の時計は20日の午後1時58分で止まっていた……。(2011年6月26日)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。