fc2ブログ

SFスキャナー・ダークリー

英米のSFや怪奇幻想文学の紹介。

2024.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 » 2024.03

2012.09.07 Fri » 『創造の谷』

 わけあってエドモンド・ハミルトンの長篇 The Valley of Creation (Lancer, 1964) を読む。当方が持っているのは1967年の新装版である。25年も前に邦訳で読んだきりなので、いい機会だと思って、本の埃を払ってみた(所持している本の状態が悪すぎるので、下の画像は Alexshan Books からの借り物である)。

2005-9-24(Valley)

 もともとは1948年、雑誌に一挙掲載されたものだが、刊行にあたってすこし手がはいっているようだ(たとえば、朝鮮戦争について言及があったりする)。

 舞台は第二次大戦後の混乱期にあった中国。主人公エリック・ネルスンは、さる軍閥の傭兵だったが、共産軍に追いつめられ、いまはチベットに近い辺境で死を覚悟する身である。
 そこへさらに奥地から、彼の部隊を雇いたいという者があらわれる。男はル・ランから来たというが、そこは地球上のあらゆる生命が発祥したという伝説の地。渡りに船とばかりル・ランに赴くと、そこは知性を持ち、テレパシーで会話する狼、虎、馬、鷲が、人間と同等の権利で暮らしている土地だった。ネルスンたちを雇ったのは、人間の優越を主張して、反旗をひるがえした者たちだったのだ。
 
 こうしてネルスンたちは戦いに参加するが、ストーリーはいかにもハミルトンらしくねじれを見せる。敵につかまったネルスンは、精神を若い狼に移植され、狼として生きることで、大義は敵にあることをさとるのだ。しかし、奸智に長けた傭兵の軍略で、勝利は反乱軍のものとなる。はたして、人間・動物同盟軍の巻き返しはなるのか……。

 記憶にあったとおり、山田正紀『崑崙遊撃隊』を連想させる秘境ロマンス。当方が大好きなタイプの作品で、楽しんで読んだが、いまの目で見るとすこし薄味すぎる嫌いがある。リヴァイヴァルさせる価値はないだろう。
 
 ちなみに、本書は『最後の惑星船の謎』(田沢幸男訳。久保書店QTブックス、1975)として邦訳が出ているが、この邦題はいただけない。理由はお察しのとおり。(2005年9月24日)

2005-9-24(QT)


スポンサーサイト